着ぐるみについて

着ぐるみ着用時の服装・必需品

たくさんの着ぐるみであふれかえる昨今ですが、着ぐるみが納品されて…いざイベント会場へ出陣!そんなときに、「あれ?何を準備すればいいの?」
初めての着ぐるみ運用でどうしたら良いか分からない、そんな着ぐるみビギナーさんも多いと思います。

今回は着ぐるみを実際に運用される際の服装や、事前に準備しておくと便利なものについてアクターさんの目線で紹介していきますね。

これらの知識は、エアー着ぐるみ・ウレタン着ぐるみどちらの場合にも共通でお使い頂けると思います。

 

操演時の服装

経験のある方ならお分かりになると思いますが、着ぐるみ着用時は普通の動きをしているだけでも、5分もしない内に滝のように汗が流れ出します。
夏場や野外イベントなら尚更です。着ぐるみ内部がサウナのような非常に蒸し暑い状態になります。

そのため、伸縮・吸水・速乾性に優れた衣類を着て、グリーティングに臨むことが重要です。
上はシャツ、下はフィット感のあるストレッチパンツなどのスポーティな衣類を選んで下さい。

密着するボディスーツタイプの着ぐるみを複数人で運用する場合は、マナーとして長袖・長ズボンを着用して着ぐるみに直接肌が触れないように気をつけましょう。

長時間着用される場合は、2−3枚の着替えを持参して、荷物に余裕があれば下着・靴下の替えがあると便利です。

 

タオル

基本の準備物として、汗拭き用のタオルは必需品です。2−3枚準備して下さい。
イベント先にシャワー室などがある場合は、バスタオルを持参しましょう。

 

アクター用頭巾(面下)

面下と呼ばれるフェイスガードを被り、着ぐるみに頭部が直接触れることを防ぎます。
髪の毛をまとめられたり、汗を吸ってくれるので、アクターさんにとっては欠かせない一点です。

綿100%素材のものやサテン生地でサラサラしたものなど、探してみると色々な種類が有ります。
着ぐるみ専用の面下だけではなく、スポーツ用フェイスマスク(レーシング・バイク・自転車用)や軽作業用のバンダナなど、吸水性があって安価な商品もあります。色や丈などお好みで選んで、予め2−3枚準備しておくとよいですね。

キグルミックスでも無料オプションとしてさらさらタイプのフェイスガードを1枚お付けしています。

着ぐるみ着用時の服装

クールベスト(冷却ベスト)&保冷剤

クールベストを着用することで、操演時の暑さ対策になります。体を直接冷やしてくれるので、その効果は抜群です。
内ポケットに保冷剤を入れるタイプや、本体を直接冷凍庫で冷やすタイプなどがあります。

キグルミックスでも無料オプションとして保冷剤3つ付きのクールベストをお渡ししています。
保冷剤をクーラーボックスなどに入れて、交換しながら運用してください。

クールベスト以外にも、首元のみ冷やす商品などもありますので、着ぐるみの仕様や着用時間によって選んで使い分けるのも良いですね。

 

予備の保冷剤とクーラーボックス

上に記載したように、保冷剤を入れるタイプのクールベストをご着用される場合、予備の冷凍済の保冷剤と保管用のクーラーボックスをご用意下さい。1日6時間程度運用される場合は、3セット分以上ご用意頂くのが良いでしょう。

 

飲料

長時間着ぐるみに入っていると、脱水症状になることもあります。
グリーティングが終わった後は、しっかり水分を取りましょう。
あらかじめ飲料を準備しておき、こまめな休憩と水分補給は忘れずにお願いします。

 

軍手

着ぐるみの手に直接肌が触れないように、軍手や薄手の手袋を着用しましょう。
大きめの着ぐるみの場合は、軍手を二重につけると、握手をした時に中の人の手の感触が分かりづらくなります。

操作棒などを持つ場合は、滑り止め付きの軍手の着用をお勧めします。

着ぐるみ 服装 軍手 01着ぐるみ 服装 軍手02

 

【番外編】お化粧はNG

背の小さい着ぐるみの方が子供受けが良いこともあり、小柄な女性がアクターさんとして着ぐるみに入ることが多いようです。

そこで注意しておきたい事は、着ぐるみにとってお化粧は天敵だという点です。

汗をかいてアクターさんのお顔はドロドロ。脱いだり着たりする中で、うっかりお化粧が付いてしまうことも…。
着ぐるみをご着用の際は、事前にお化粧を落として下さいね。
特に薄い色の生地だと、口紅やファンデーションが付くと目立ちますし、なかなか落ちません。

 

今回は着ぐるみの着用時の服装・準備物についてご紹介しました。

関連記事

ページ上部へ戻る