ウレタン着ぐるみのできるまで

ウレタン着ぐるみ」のできるまでをご紹介します。

1.型紙作成

1.型紙作成
図面の形状をもとに型紙を作成します。

2.芯材作成

2.芯材作成
拡大した型を硬質ウレタンフォームに描き写し、まるくなるようにきれいに接着しながら組み立てていきます。

頭部芯材
仮のパーツを貼付けていき全体のイメージを掴みます。可愛いキャラクターを作るにはこの作業が一番重要です。

芯材パーツ取り付け
胴体を組み立て、芯材を完成させます。
頭はやや硬めの硬質ウレタンフォーム、体は高反発で柔軟性のある半硬質ウレタンフォーム、耳は更に柔らかいソフトウレタンを使用しています。それぞれの素材の特性を活かして、デザインと動きのどちらのバランスも考えて作っています。

3.芯材の補強

芯材の補強
芯材が確定した後に、ウレタンフォームのつなぎ目にテーピングを施していきます。
内側と外側両方しっかり接着させることによって一層強度が増します。

4.縫製〜仕上げ作業

爪と角の縫製
爪と角を製作中。合皮製です。

ズボンの縫製
こちらはミックスくん用のズボンです。フリーサイズ設定です。

ファスナー部の縫製
股から上の見えない部分はポリエステルメッシュ(二重)のみなので、生地の余りを上に逃がしつつ通気性も確保出来ます。

胴体内部の仕上げ
ズボンと靴はファスナーで着脱出来ます。

胴体の仕上げ
胴体全体の最終仕上げです。胴体の内側に布でコーティングを行い、布の切れ端の処理など細部の微調整を行います。

頭部の仕上げ途中
顔にアクリルボアを貼りこんでいきます。

目の仕上げ
生地貼りが終わったら、アクリルの目を取り付けます。

顔の仕上げ
最後はほっぺたにピンクの色味を添えて完成です。

5.完成

ウレタン着ぐるみミックスくんが完成しました。
着ぐるみ完成1

完成2完成3完成4
最終監修後、収納袋と段ボールにしっかり梱包して納品致します。

ウレタンミックスくん仕様

着ぐるみタイプ:ウレタン着ぐるみ

着ぐるみサイズ:Mサイズ

芯材料一覧:硬質ウレタン、軟質ウレタン、半硬質ウレタン、ゴムスポンジ、キルト芯など

生地一覧:アクリルボア、合皮、フェルト、ポリエステルメッシュなど

着ぐるみサイズ:頭のみ(耳を除く)W850×H670×D720mm 胴体のみ(足・腕を除く)W700×H800×D550mm

重量:頭部4.2kg、胴体3.4kg

納品時の無料オプション:乾電池式空調ファン1台(搭載済み)、クールベスト1枚(保冷剤3つ付き)、アクター専用頭巾1枚、パーツ別収納袋

完成5

完成6

ご不明点や気になる点があればお気軽にご質問下さい。

関連記事

工房責任者

衣笠プロフィール

衣笠 留美(キヌガサ ルミ)

キグルミックス工房責任者。素材の選定から納品に至るまでの実務全般・スケジュールの管理・お客様への窓口業務を行っています。
工房責任者であり技術職としての経験を活かし、明快でわかり易いご説明・ご提案を心掛けています。

プロフィール詳細

最近の記事

人気の記事


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kigurumix2/kigurumi.co.jp/public_html/wp-content/plugins/simple-ga-ranking/lib/functions.php on line 271

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/kigurumix2/kigurumi.co.jp/public_html/wp-content/plugins/simple-ga-ranking/lib/functions.php on line 271
  1. 着ぐるみの熱中症対策
    着ぐるみの熱中症対策
  2. 着ぐるみ着用時の服装・必需品
    着ぐるみ着用時の服装・必需品
  3. 着ぐるみの可愛い動き方
    着ぐるみの可愛い動き方
  4. 着ぐるみのお手入れ方法(外側)
    着ぐるみのお手入れ方法(外側)
  5. 着ぐるみ運用時の便利グッズ
    着ぐるみ運用時の便利グッズ
  6. 着ぐるみのウイルス感染予防
    着ぐるみのウイルス感染予防
  7. 着ぐるみの国内での輸送方法
    着ぐるみの国内での輸送方法

着ぐるみ製作について

着ぐるみ製作について

着ぐるみのタイプ

エアー着ぐるみ
ウレタン着ぐるみ

見積りフォーム

見積もりフォーム

資料請求

資料のダウンロード
ページ上部へ戻る